スイッチスポーツ第二教室ではスポーツとプールと両方で療育を受ける事ができます。

※プールのみのご契約は行っておりません。

スイッチスポーツ二ノ切教室よりお知らせ

9/1(木)より二ノ切教室は、新千里西町商店街に移転することとなりました。

移転にとともに名称も「スイッチスポーツ第二教室」と変更になります。

10月のご予約は通常通り、9/1より開始となりますが、現在電話がつながらない状態になっており、皆様には大変ご不便をおかけいたしております。

ご予約・お問い合わせの際は下記のメールアドレスまたは電話番号までご連絡ください。

メールアドレス:switchsportsninokiri55@gmail.com

電話番号:070-1819-0550(9月末まではこちらにおかけください)

※電話回線の復旧ができるまでは(復旧は10/1の予定です)上記の電話番号からご連絡させていただくことがあります。

大変ご迷惑をおかけしますが、今後ともスイッチスポーツ第二教室をよろしくお願い致します。

児童発達支援

障害児通所支援の一つで、小学校就学前(6歳まで)の障害のある子どもたちが主に通います。
日常生活の自立支援や機能訓練を行ったり、遊びや学びの場を提供するなど、障害児への支援を目的にしています。

内容
<対象児童>
受給者証をお持ちの未就学のお子さま

<レッスン内容>
個別による運動・スポーツ指導を行います。
保護者様も一緒にご見学いただきながら療育を行います。
※送迎はありません

<定員>
10名 / 日

<料金>
厚生労働省の告示に基づく、利用料の10%が利用者負担額となります。

<営業時間>
平日 ・・・9:45~16:15
定休日・・・土日祝

放課後等デイサービス

障害児通所支援の一つで、障害のある就学児童(小学生・中学生・高校生)が、学校の授業終了後や長期休暇中に通います。
日常生活の自立支援や機能訓練を行ったり、遊びや学びの場を提供するほか、コミュニケーション力、対人能力の向上などさまざまな活動を行います。

内容
<対象児童>
受給者証をお持ちの就学児童(小学生・中学生・高校生)

<レッスン内容>
個別による運動・スポーツ指導を行います。
保護者様も一緒にご見学いただきながら療育を行います。
※送迎はありません

<定員>
10名 / 日

<料金>
厚生労働省の告示に基づく、利用料の10%が利用者負担額となります。

<営業時間>
平日 ・・・9:45~16:15
定休日・・・土日祝

スポーツ療育の流れ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 01-1.png

① 始まりのあいさつをします!

保護者の方と一緒に来塾します。
開始の挨拶をしたら、タイマーをセットします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 02-1.png

② 種目を選びます!

「これやってみたい!」というカードを自分で選んで行います。
(※保護者様のリクエスト・スタッフからのリクエストなどその時々によって、こちらからご提案する場合もあります)

基本的には、選んだ種目からお子さまのやりたい課題を中心に自主的・主体的に取り組んでいただきます。また、こちらからもさまざまな体の動作を引き出すために提案させていただき、より活動や動きの幅を広げたり、折り合い力をつける練習をしたりと、運動を通じて多方面からアプローチします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 03-1.png

③ 種目をクリアしたら・・・

選んだ種目での課題がクリアできると、にこちゃんマークの磁石を貼っていきます。
3つ揃うと種目カードに〇を書いて次の種目を選びます。

おわりや切り替えがスムーズにできるよう、視覚的に見通しが持ちやすいようなシステムにしています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 04-1.png

④ 終わりのあいさつをします!

タイマーが0になったら終わりのあいさつをして本日のレッスンを終了します。

レッスン後に今日の内容について保護者の方と振り返りを行ってからお家にかえります。

プールを利用した療育の目的

プール療育では、水圧の中で体を動かすことで、自らの体の構造を知り、動かし方を知ることが出来ます。
浮力や水流などにより、陸上では感じないよう不安定さなどで、指導員とのスキンシップ等も増え、他者を頼る気持ちや、共感する気持ちが生まれコミュニケーションが育ちます。
また、施設の利用の仕方や、ルールを守る事なども学びながら、生涯スポーツ・余暇活動に繋がっていきます。
プール療育を行うことで、こどもたちの生きる力を伸ばします。

プール移動の安全確保について

プールに向かう道中は交通ルールをしっかり守り、ながら移動します。

交差点等は、必ず大人(保護者、指導員)と一緒に信号や安全確認を行いながら歩きます。
大きな道路に隣接した歩道ではなく、公園・プール施設敷地内の歩道を使用して移動します。

・アクセス ・お問い合わせ